1. 電子書籍制作のオノ・エーワン
  2. 電子書籍制作

電子書籍制作

E-BOOK

電子書籍のメリット

出版各社のインターネットを活用した販促・配信が、スマートフォン・タブレットの普及によりますます盛んになっています。これにより書籍、雑誌に限らず、カタログ、パンフレット、社内文書やチラシといった様々な紙媒体が電子化され、近年ではサイマル配信(新刊書の紙媒体と電子書籍の同時配信)も常時行われるようになってきました。

電子書籍はデジタルデバイスで手軽に持ち運ぶことができるようになり、しおりや文字検索、ペン入力など、紙媒体にはない機能により、快適に閲覧することが可能になりました。電子書籍は単に配信目的だけではなく、資料の電子化、販促ツールとしての利用など、様々な用途において利用が進んできています。

当社では、印刷物のデータをそのまま電子書籍化。電子書籍化のためのレイアウト組版もスピーディーかつ安価に行います。

電子ブックのメリット

ビジネスチャンスが広がるツール

電子書籍はコミックや雑誌など書籍はもちろん、カタログ、パンフレット、広告、社報、仕様書など、使い方次第ではビジネスチャンスを大きく広げることも可能です。 ご興味のある方は、当社で制作した電子書籍のサンプルがありますので、ぜひご覧ください。

コミックもカタログも…ビジネスチャンスが広がるツール

多数の入出力フォーマットに対応

入稿データは、PDF、JPG、PSD、AI、IDなど、各種データフォーマットからの電子書籍の制作に対応しています。制作を行う電子書籍のフォーマットには、用途によって多様なフォーマット形式があります。PDFはもちろん、TIFF、EPUB(リフロー型/フィックス型)、CLIP STUDIO READER、ActiBookなど、配信、販促、文書の電子化などそれぞれの用途に合わせた、最適なフォーマット形式での電子書籍のご提供が可能です。また、配信用途においては取次、各書店への煩雑な納品業務もお手伝いさせていただきます。

多数の入出力フォーマットに対応

EPUB(リフロー型/フィックス型)/CLIP STUDIO READER/ActiBook、各種フォーマットについて

EPUB形式

配信サイト、電子書店で現在広く利用されているスタンダードな電子書籍のフォーマットになります。EPUB形式にはリフロー型とフィックス型という2つの様式があります。

リフロー型

文字サイズや書体を読みやすいように自由に変更することが可能です。そのためデバイスの画面サイズに合わせて、テキストやレイアウトが流動的に表示されます。文字サイズを変更すると、1行の文字数が自動的に変更されて再表示されるため、紙の書籍のようなページの概念を持ちません。小説やビジネス書など、主にテキスト系のコンテンツに適しています。

リフロー型のメリットとデメリット

リフロー型で制作された電子書籍は、文字サイズや行間の変更が自由にできるため、読者が読みやすい状態で表示することが可能です。たとえば、スマートフォンなど小さな画面のデバイスであっても、文字サイズを大きくすることで読みやすくすることができます。文字サイズの変更は紙の書籍では出来ない電子書籍ならではの特徴です。

また、リフロー型の文章はテキストデータであるため、文章の一部を選択してマーカーを引いたり、テキスト検索したりすることが出来ます。語句を検索して該当の箇所にジャンプしたり、マーカーを引いた部分を表示させたり、紙の書籍にはない便利な機能を持っています。 しかし、文字サイズを変更することでレイアウトやページ数が変わるため、コミック、雑誌、専門書や教材など、イラスト・写真や図表などが多用されたレイアウト重視のコンテンツには不向きです。リフロー型は、小説のような文芸書やビジネス書などのテキスト主体の書籍に向いています。

電子ブックのメリット

フィックス型

デバイスの画面サイズに関わらず、印刷された本と同じレイアウトで文字や図表など固定された状態で表示されます。。固定レイアウト型などとも呼ばれています。フィックス型電子書籍は、どのような端末においても、元のレイアウトが維持されるため、コミックや雑誌などのコンテンツに適しています。

フィックス型のメリットとデメリット

フィックス型で制作された電子書籍は、意図したレイアウトをPDFファイルのように、そのまま表示することができます。

フィックス型ではリフロー型のように、文字サイズや行間、書体を自由に変更することはできません。文字の拡大には画面全体を拡大して表示しなければならず、デバイスの画面が小さい場合には、画面をスクロールする必要があります。コミックや絵本、雑誌や実用書、専門書や教材など、リフロー型だと表示や構造が崩れてしまうタイプの書籍は、一般的にフィックス型が適しています。また、過去の書籍や古い文献資料など、DTPデータが存在しない書籍を電子化する際には、底本をスキャンしてフィックス型で電子書籍の制作を行います。

電子ブックのメリット

EPUB制作実績

サンプル

EPUB制作実績
「金色のガッシュ!!」完全版 全16 巻
/著者:雷句誠
著者の雷句誠先生より電子書籍制作のご依頼を受けました!!

サンプル

EPUB制作実績
「ビタースウィート」
/著者:山口ねね(宙出版)

CLIP STUDIO READER形式

配信サイト、電子書店で利用されているフォーマットです。株式会社セルシスが開発した電子書籍制作アプリになります。以前はBS Reader、BookSurfing(ComicSurfing)とも呼ばれていました。日本の携帯電話(ガラ携)・iOSデバイス・Android端末用のアプリが用意され、PCおよびMacにはCLIP STUDIO READER for Browserで対応します。コミックの閲覧では、携帯電話やスマートフォンの小さい画面全体に、コマ単位で表示することが可能で、音楽や効果音を流すといった効果を追加することができるため、主にコミックの制作で使用されることが多いです。

CLIP STUDIO READER制作実績

サンプル

CLIP STUDIO READER制作実績
NextcomicsF「王子様なんていらない」
/著者:宮田ワルツ(宙出版)

サンプル

CLIP STUDIO READER制作実績
NextcomicsF「大正ロマンチカ」
/著者:小田原みづえ(宙出版)

ActiBook形式

スターティアラボ株式会社が開発した電子書籍制作ソフトです。 PC、スマートフォン、ダブレットから、実際のレイアウトと同様のイメージで、PDFのように閲覧することが可能です。 コミックや雑誌、カタログ、パンフレットをWeb上で閲覧できるようにし、サイトへの集客をうながす販促目的などに多く利用されています。 また、紙媒体の電子化によるコスト削減、社内文書管理用やマニュアルの電子化、営業のデモンストレーション用のマーケティングツール等、様々な形で利用されています。

ActiBook制作サンプル

サンプル

ActiBook制作サンプル:会社案内

サンプル

ActiBook制作サンプル:書体見本帳

電子書籍配信サイト「プロレス本屋」

出版社様よりコンテンツをご提供いただいて、弊社で運営管理を行っている電子書籍配信サイトです。

プロレス本屋

オノ・エーワンの利用メリット

01売り上げ増加が見込めます

紙媒体のページの一部を電子書籍としてサンプル閲覧(立ち読み)させることで、ネット上から紙媒体の販売数や取り寄せによる購入数を増やせます。

02販売機会の拡大

インターネット上に広告を掲載することで、メディアミックスによる相乗効果が生まれ販売機会を広げます。

03サイトの集客も可能

当社が提供する電子書籍(ActiBook形式)は、SEO(検索エンジン最適化)にも対応。お客様のサイトへ集客を促すことも可能です。

04ストレスフリーの画面表示

PC・スマートフォン・タブレット(iPad、iPhone、アンドロイド)各種デバイスで閲覧しても負荷はかかりません。

05二次利用など容易に

保存データは、印刷への二次利用など容易に活用できます。

 

電子書籍制作までの流れ

01

お申込み

当ホームページの「お問い合わせフォーム」、またはお電話にてご相談ください。お見積もり・納品予定日もご相談いたします。

02

原稿の入稿

当ホームページの「データ入稿フォーム」、または各種メディアにて電子書籍製作原稿を入稿していただきます。

※データ入稿フォームからの入稿は、IDとパスワードが必要となります。初めての方は、「データ入稿の流れ」をご確認ください。

03

制作、校正

出来上がった電子書籍を弊社サーバーにアップします。お客様にはチェックをお願いします。

04

納品

ご確認後、問題がなければ納品となります。

CONTACT

ご質問やお問い合わせなど下記よりお願いします。

よくある質問

お客様より寄せられる質問をまとめております。

よくある質問を見る

ご質問やお問い合わせはこちら

サービスに関するお問い合わせは下記よりお願いします。

問い合わせする

お電話からのお問い合わせはこちら

03-3268-5770

受付時間 9:30~17:00(土日・祝日除く)