Mac DTP・写研DTP

 

『InDesign』によるデータ作成。写研書体でもサポートしています。

■確かな技術と経験により、ハイスピード・高品質なサービスをご提供します
変化の激しいDTP環境にもいち早く取り組み、アナログ時代から永年培ってきた豊富な文字組版の経験とノウハウを活かし、当社ではInDesignを中心としたMacと写研の両方のDTPシステムに対応しています。常に最新のDTPソフトウェアへの対応を心掛けており、設立当初から積み上げてきた技術をもとに、雑誌・コミック誌を中心に書籍からマニュアル・カタログ類まで幅広く手掛けています。
当社のデジタルワークフローは、入稿から印刷用・電子ブック用データ作成まで工程すべてをデジタル化し、ハイスピードで高品質な製品を提供できる体制を整えました。中核であるワークフローサーバーとセンターリップは、様々な形式の編集データを処理し、書体も各フォントメーカーのデジタルフォント(OpenType・NewCID)に加え、従来の写研書体にも対応しており、最適な各出力デバイス用のデータを生成します。

■CTP(Computer to Plate)にも対応した多様な出力オプション
センターリップ『Trueflow』により、CTP中間ファイルとして「OutlinePDF」、「PDF/X1a」、「1bit Tiff」等、各出力デバイスに合ったファイルで対応させていただきます。
フィルム出力は最大B1サイズまで対応できるセッター『DT-R6120』、B2サイズまで対応の『FT-R5055』。DDCPは網点再現式のデジタルコンセンサスプロ(A1サイズ)、B0までのサイズに対応できる大判インクジェットプリンターを取り揃えております。

■信頼性と安全性の高い制作環境
ワークフローサーバー『ターボサーバー』を中心としたネットワークシステムにより、制作データは一元管理されており、高速なフルマウント作業、リアルタイムなデータの全自動バックアップにより、サーバー内のデータは常に二重化されており安全性の高い制作環境を備えています。さらに多重バックアップにより、管理・運用環境としても高い信頼性のあるシステムを構築しています。二次利用されるデジタルコンテンツは、ブラウザベースのファイル管理により一元的にアーカイブされ、いつでもブラウザから検索が可能でスピーディなコンテンツ活用の対応ができます。また、データの入出稿、オンラインでの校正等、大容量のデータの配信に備えた運用も可能となっています。

書体見本帳

 
InDsignによる印刷データ作成。写研書体でもサポートしています。
 
InDsignによる印刷データ作成。写研書体でもサポートしています。
 
 

利用のメリット

工程短縮とコストダウンの実現
メリット
  デジタルワークフローの構築により、入稿から納品までの時間が飛躍的に短縮され、大幅な納期短縮が可能になりました。デジタルを利用した機械的な目と経験豊かなプロの目が、高品質な製品をスピーディかつローコストでお届け致します。  
二次利用も容易に
 

DTPの編集作業から電子ブックのデータ作成まで、一貫したフルデジタルの制作システムにより、短納期・ローコストで作成できます。

歴史のある美しい書体『写研』フォント
  ハイクラスの仕上がりを望まれる出版社様から現在も支持をいただいています。定評のある文字組みの美しさを再現し、表現の豊かな誌面イメージを構成できます。
 

DTPの流れ

製版までの流れ   当ホームページの「お問い合わせフォーム」、またはお電話にてご相談ください。お見積もり・納品予定日もご相談いたします。
営業が原稿をお預かりし、速やかに進行部署へ。データ入稿方法はメディアか当社サーバにアップもできます。
各セクションと連携を図り、きめ細かいご注文にお答えします。編集後、ご希望の校正方法(カンプ、 DDCP、インクジェット、青焼き)にて校正していただきます。 PDF データでサーバー運用による校正も可能です。
最終品質検査工程では、校正・検版セクションでの、細心の注意を払った厳しい品質チェックが行なわれ、印刷仕様に合わせた下版方法(フィルム、CTP データ・メディア)で納品します。サーバーアップも可能です。
 
ライン
 
Mac DTP・写研DTPに関するお問い合わせは、
「お問い合わせフォーム」または、お電話にてお寄せください。
 
WEBからのお問い合わせ お電話でのお問い合わせ
 
ページトップへ戻る
データの入出稿はこちら
データの入出稿の流れ
電子ブックサンプル集
よくある質問
採用情報