コミック制作

 

MacをプラットフォームにしたAdobe『InDesign』によるフルデジタル制作システム

当社は「アナログ製版」での永年の経験に裏付けされた知識と技術をもとに、コミック制作のフルデジタル化に取り組んで参りました。スピーディなデータの二次利用を実現するために、画稿のスキャンに始まり、画稿・ネームなどをそれぞれレイヤー分けして制作し、編集作業から入稿・製版までを、フルデジタルで行えるようにしてきました。スクリプト等によるコミック組版の自動化など効率的な制作技術も取り入れ、デジタル化することによりネームの貼りこみが不要となり、ネームが文字データとして容易に編集でき、大幅な作業効率向上とデータの多メディア展開を同時に出来るようになりました。また、コミック制作特有の画稿修正(ゴミ取り、モアレ、トーン影除去、カスレ・ツブレの矯正等)には『コピードット』、『コミックアシスト』、『コミクール』等の専用ツールを使用して編集加工を行い、高品質なデータ作成の環境を備えています。


書体見本帳

  電子ブックのメリット
 

写研ハヤテシステムによるコミック制作

「写研ハヤテシステム」は、コミック専用写研デジタル処理システムです。原画と文字原稿をデジタルで処理することにより、ネームの貼り込み、貼り直しの手作業が一切不要。アナログによる製作工程で抱えていた工程短縮やコストダウンを実現します。
また、フキダシのネームとして主流を占めている写研フォントを使用しており、従来のイメージを変えずにデジタル化に移行も可能です。
さらに、コミックへの流用や他メディアへの転用・二次利用への対応も可能です。
写研書体のMacデータ化も行って います。


  電子ブックのメリット
 
 

利用のメリット

工程短縮とコストダウンを実現
メリット
  お客様の入稿形態に合わせて、多種多様なデータフォーマットやさまざまな書体に対応したシステムを構築し、コミック制作の環境をフルデジタル化したことにより、工程短縮が可能になりました。
短時間で仕上がりのイメージが見られるため、締め切り間際の入稿や、急な変更にもスピード対応できます。
 
高品質の仕上がり
 

読みやすく美しい文字組版の追求と、コミック特有の画像処理技術を駆使して、汎用性の高いデータをご満足いただける品質レベルでご提供いたします。

他メディアへの転用も容易
  DTP制作データからワンソースマルチユースで、PC、携帯3キャリア(Docomo、au、Softbank)、スマートフォン(iPhone、iPad、Android)等、電子ブック向けのデータ加工やオーサリングサービスも提供しております。
画質の劣化防止
  単行本化によるデータのサイズ変更、電子ブック用データ作成など制作データからの流用も容易なデータ構造に工夫されていますので、画質が劣化することはありません。
制作したデータは、アーカイブデータとしていつでも利用できるように厳重に保管・管理しています。また、原画のスキャンによるデジタル化のサービスも行っております。
 

コミック制作の流れ

コミック制作の流れ   当ホームページの「お問い合わせフォーム」、またはお電話にてご相談ください。お見積もり・納品形式・納品予定日をご相談いたします。
当ホームページの「データ入稿フォーム」、または郵送等にて原画を入稿していただきます。文字の指定につきましては、別途ご相談ください。
※データ入稿フォームからの入稿は、IDとパスワードが必要となります。初めての方は、「データの入出稿の流れ」をご確認ください。入稿される原画につきましては、紙原画(市販されている版面線の入ったもの)、またはデータ原画(Photoshop形式・TIFF形式の画像データ、もしくはComic Studioデータ)とさせて頂きます。
データ変換(画像縮小・モアレ除去等)・ネーム組版作業を行ない、校正出力(紙・PDF等)いたします。お客様にはチェックをお願いします。
校正のご確認後、仕上げを行い納品いたします。
 
ライン
 
コミック制作に関するお問い合わせは、
「お問い合わせフォーム」または、お電話にてお寄せください。
 
WEBからのお問い合わせ お電話でのお問い合わせ
 
ページトップへ戻る
データの入出稿はこちら
データの入出稿の流れ
電子ブックサンプル集
よくある質問
採用情報